ソレイジア・ファーマSP-01中国承認、とんでもない事が起きました。

トピックス(目次)

 

ニュース解説  :政治家や行政の皆さん、子どもを教室の熱波から守ってください

経済・投資   :ソレイジア・ファーマSP-01中国承認、とんでもない事が起きまし

          た

医療・健康   :大人の鼻血は、やばいですか?
なんでもかんでも:今年の夏は、無理しない、無理しない

 

 

ニュース解説 政治家や行政の皆さん、子どもを教室の熱波から守ってください

 

 7月に入ってからニュースなどで「命の危険」という言葉をよく聞きます。

西日本の豪雨でも大雨特別警報が発令され、これは「生命に重大な危険が差し迫った異常事態」という意味で、この結果堤防の決壊や、土砂崩れ、ダムの緊急放流など多くの災害により200名以上の方が亡くなり現在も行方不明の方々がいます。

 

 また、猛烈な気温で「命に関わる暑さ」と連日TVなどが放送しています。

埼玉県熊谷市で、観測史上最高気温41.1度を記録しました。30度以上を(真夏日)35度以上を(猛暑日)と言いますが40度以上は何というのでしょうか?

                

 

 「東洋経済オンラインhttps://toyokeizai.net/articles/-/230472」「それでも「エアコン不要」という大人へ」という記事がありました。要するに子供の頃からエアコンなんて使っていると「体が弱くなる」快適な環境に慣れてしまうと「忍耐心が育たない」、教室を快適にしてしまうと「外で遊ばなくなってしまう」等々・・また予算の確保が出来ないからっと言って(最優先予算にすればいいだけ)多くの自治体では学校にエアコンを設置していません。

 

 子どもたちに根性論を押し付ける政治家や役人たち、その人たちに一日中学校で子供たちと過ごして下さい、そうすれば「エアコンなんていらない」という事は言えなくなると書いてます。

 

 昔は、エアコンなんて入れている家庭や学校なんてありませんでした。当時は非常に高価で、それほど性能も良くなく、限られたところしか使えない電化製品でしたが、今では、ごくごく一般の家庭にも普及し、学校の教室以外の場所にはどこにでもあります。

 

 温暖化の影響かよく分かりませんが、ここまで体温を超えるような異常気温が続いてしまうと、教室にいる子供たちの中にも熱中症で亡くなってしまう児童や生徒が必ず出てしまいます。

 

 今までの行政みたく、人が亡くなるような事故が起きてから手を付けるか(大阪地震のブロック壁事故など)、それとも今回は大特急で冷房をつけて教室にいる子供たちの命を未然に守るか決めなければなりません、時間が余りないと思います。

 

 昔とは気温も環境も違います。「昔は」とか「我々の子どもの時は」とか、訳の分らない事を言わないで、この世界的に異常気象が続いている今、考えを改めて、行政や政治家たちが積極的に民意を受け入れて子どもたちを守る活動をすべきではないでしょうか。

 

 

経済・投資 ソレイジア・ファーマSP-01中国承認、とんでもない事が起きました。   

 

 面白いものを見られた上に、貴重な体験をしました。

 

 

  

 前場の場中に待ちに待っていた上記のIRが出ました。

極端に言えば、このソレイジア・ファーマはこのIRが目的で持ち続けていた株です。  

 

 ところが・・・・

 

                                                           

 確かに出た瞬間は、ここぞとばかり大幅上昇しました。

ただ、張り付かないのです。勢いが少し弱まった瞬間を狙って、膨大な売りが発生しました。それでも買い方の方も頑張りましたが、なにせ膨大な売り圧力です。

 

 力及ばず一気に持っていかれて、前日の終値を割り込んでマイナスになると、マイナスは広がりそのままずるずると2ケタのマイナスで引けました。

 

 私なりに原因究明です。

 

●カラ売りを仕掛けていた機関投資家が、張り付いたら“やばい!"と思い(いくら巨大な機関でも、張り付いたら手も足もでなく大赤字です)強引にカラ売りを更に仕掛けてきたのではないか・・

 

●それを見た、今までこのIR待ちをしていた個人投資家が、ストップどころか下落を始めたので”やばい!”と思い我先に撤退したのでは・・

 

●買いが数千株に対して、売りの方は万株単位で襲ってこの暴落を引き起こしました。どこかで株価操縦が行われているのではないかと・・

 

●これは疫病神の私のせいかも・・・損切りしてから少しして万株になったブランジスタ株、ソレイジアにするかリミックスにするか悩んでリミックスを捨ててソレイジアにしたらリミックス約2000円まで上昇、そして、持ち株のブライト・パスバイオの3相終了まで行ってほぼ確実視されていた承認の失敗、信じられない今回の大暴落、今は新世代ブレーキの「曙ブレーキ」と妖怪ウォッチの「ガンホー」を悩んだのですが、購入したのは「ガンホー」です。どうなる事やら・・

 

 他にもいろいろ原因はあると思いますが、一つ言える事は、がん領域のIRにもかかわらず下落するのは不自然です(織り込み済みというには余りにも株価が低すぎます)

 

 結果はどうあれ、このIRにより他に申請している薬品の中国展開が見えた事と、ソレイジア・ファーマ(株)のこれからの信頼性や将来性と、この企業に対する安心感が増大した事は非常に大きいと思います。

 

 ひとつ欲を言えば、IRを場中に出すのではなくて、場が終わった後に出せば、機関投資家がいないPTSで、個人投資家が買いまくりストップ高になった事でしょう、そして、その勢いで明日になれば、今回のような機関に遊ばれるようなことはなかったと思います。

 

 夢を言えば、IRが出てしまって、買いに参入できなかった空売り機関とは反対の機関投資家が、明日になり巨大な買い注文を入れて、気配値からストップに張り付かせ、今回の暴落を引き起こした空売り機関を吹っ飛ばしてほしいです。

 

 それにしても、とんでもないのを体験する事ができました。

 

 

医療・健康 大人の鼻血は、やばいですか?

 

 小学低学年以来、数十年ぶりにまとまった量の鼻血を出しました。

布団から上半身だけ起き上がっていた時、鼻の奥が何やら違和感、そしたらいきなり血が流れてきました。

 

 子どもの頃は、2〜3日に1回ぐらい鼻血でシーツを真っ赤にしていたのですが、高学年になるにつれ鼻血は治まりました。それから数十年間記憶の中では鼻血を出した事は覚えていません。

 

 という事で、久しぶりに体験した鼻血「大人の鼻血」をネットで検索してみました。

 

・1年中鼻血が出る子供と違い、大人は乾燥した季節に出やすい〜余り実感がわきません。

・腎臓病や、高血圧の場合もある〜血圧は低めだし、腎臓に関してはオシッコはよく出るので問題ない。

・飲んでいる薬の影響〜薬は飲んでません。

・白血病〜だるくありませんし、身体にアザも有りません。

 

 そして最後に。

 

・糖尿病〜糖尿病で鼻血が出るとは知りませんでした。

 

 頻繁にこれからも出るようでしたら、非常に心配ですが、今のところ、この間の1回だけなのでたぶん心配ないと思います。

 

 

なんでもかんでも 今年の夏は、無理しない、無理しない

 

 夏の暑い時、冬の寒い時に、わざとエアコンを使わないで、どこまで耐えられるか試すのが好きでした。暑いのには耐えられたのですが、パソコンが調子悪くなり冷房を入れました。冬の寒い時はかなり我慢したのですが、風邪をひいて断念しました。    

 

 そして今年の夏、恒例の暑さにどこまで耐えられるか挑戦しました。

寝る時、シャワーを浴びて、半分ぬれた状態で布団に入り扇風機で冷やすのですが、これが例年だと非常に気持ちいいのです。  

  

 ところが今年はいつもとは違うとすぐにわかりました。ぜんぜん気持ちよく無いのです、それでも数日間は我慢をしていました。

 

 そのうちテレビやネットで熱中症の事や、異常な高温の事などが取り上げられ始め、夜間、冷房をつけないで寝ていて熱中症に罹って亡くなった方や、昼間、家にいてそのまま亡くなってしまう方の事が取り上げられていました。

 

 今までの夏も暑い事は暑かったのですが、「このまま冷房をつけないで寝てしまうと目が覚めないのではないか」などと考えた事はありません。ところが今年は本気でそう思います。散歩も汗だくになって歩くのが楽しいのですが、今年は気温が体温かそれ以上になっているので、長距離を歩くと、どんなに注意していても熱中症に罹ってしまう可能性が高いです。

 

 今エアコンを入れていますが、設定温度を30度にしていてもエアコンは常に動いています。まぁ、今年の夏は非常事態と認識して何事も無理しないで夏を乗り切ろうと思います。