老人特有の事故 防ぐ方法ないですか?

トピックス(目次)

 

老人特有の事故 防ぐ方法ないですか?

●医薬品株の上昇と丸山ワクチン

●免疫療法のパイオニア「丸山ワクチン」

●散歩あれこれ

 

 

ニュース解説 老人特有の事故 防ぐ方法ないですか?

 

 あまり悲惨なニュースは書きたくないのですが、どうしても書かずにはいられないニュースがあります。

また起きてしまった、高齢者特有の悲惨な交通事故です。

 

 普通なら絶対にはねられる訳がない場所にいるにもかかわらず、暴走した軽自動車に新学期に向かう途中の女子高校生が二人はねられてしまいました。

 

 この高齢者は、しょっちゅう物損事故を起こしており、家族からも乗らないように言われていたのにもかかわらず目を離したすきに運転して事故を起こしました。

 

 不思議なのは、よく物損事故を起こしているような85歳の高齢者なのに免許の更新が出来た事です。

今まで、何事も無く人生を過ごしてきた人が、身体能力とか、運動能力、判断力など、高齢になって低下しているにもかかわらず、自分では認識しないで、若者を巻き込む悲惨な事故を起こす。

 

 最悪です、加害者の家族も、被害者、被害者の家族も救いようがありません。

国で何とかできないものでしょうか、どんなに運転が上手く、明瞭であっても18歳未満は免許を取る事ができないのに、どういう訳か身体能力や判断力の低下した高齢者が免許を更新できるのは不思議です。

 

 免許が取れる年齢があるのなら、強制的に免許を失効する年齢があってもいいような気がしますが、その辺はどうでしょうか、

たしかに最初はいろいろ大変だと思いますが、これが制度として定着し、しばらくすれば当たり前のようになるのではないでしょうか?

 

 お二人の回復を心より願います。

 

 

経済・投資 医薬品株の上昇と丸山ワクチン。

 

 為替にいじめられて、連日連夜の日経平均にも今日は陰りが出ましたが、大きな下落はしないで61円強のマイナス、23.788円を保っています。

 

 マザーズや、ジャスダック等の新興市場は今日も堅調で、日経の分がこちらに流れたのではないかなと個人的には考えていますが、どうでしょうか。

 

 今日は医薬品株の上昇が目につきましたが、(私の持ち株も含めて)丸山ワクチンを製造しているゼリア新薬が、ワクチンをアジア展開するというニュースのせいではないかなと思います。

 

 今の最先端ガン免疫治療薬の開発に40年前に開発された免疫系ワクチンの丸山ワクチンが、火付け役となって未来の免疫薬の開発に大きな貢献をするというのも何か不思議な気がします。 

 

 

医療・健康 免疫療法のパイオニア「丸山ワクチン」

 

 「丸山ワクチン」大昔に聞いたことのあるワクチンですが、免疫療法のパイオニアとは知りませんでした。

また、そのワクチンを今も現役で沢山の患者さんが使用している事も知りませんでした。

 

 40年前に開発されたワクチンが今になって話題になっていますが、そんなに長期間使用され続けてきたワクチンが未だに承認されていない事も不思議でなりません。

 

 信じたくは無いのですが、今までの常識とは違う方法のワクチンなので、もしかしたら、利権が絡んで承認されなかったのかなと今になって思います。

 

 もし薬自体に問題があって承認されないとすれば、なぜ今になって承認しようとしているのでしょうか?

なにはともあれ、承認されれば多くの患者さんの経済的負担も軽減されるので、良い事だとは思いますが。 

 

 

なんでもかんでも 散歩あれこれ。

 

 仕事の合間に、散歩してきました。

今までは、いきたくなったら散歩に出かけていっていたのですが、健康診断の結果を見て、毎日出かけるようにしました。

 

 今日は天気が良く1月としては暖かい日寄りで、少し歩くと汗ばむくらいです。

長距離用・中距離用・短距離用のコースがありますが、今日はとりあえず短距離用(10キロ未満)のコースを散歩しました。

 

 他の季節とは違い、草花は殆ど枯れて見どころはないですが、今の季節は野鳥を見るのが楽しいです。沢山の群れを成した太ったムクドリや、スズメ達、川には鴨が悠然と泳いでいました。

 

 今度はどこに行こうか今迷っている最中です。