観測史上初めての台風12号

トピックス(目次)

 

ニュース解説  :観測史上初めての台風12号

経済・投資   :とにかくすごい、FB下落に見るアメリカのスケール

医療・健康   :いろいろ「寿命」の事や「生と死」について書いてみました
なんでもかんでも:wacom・Intuosペンタブレット買いました

 

 

ニュース解説 観測史上初めての台風12号

 

 今年に入ってから異常気象が続きますが、台風まで異常な動きをしています。

 

気象庁台風情報 https://www.jma.go.jp/jp/typh/181224d.html
 

 強い台風12号は、静岡県から西日本に上陸する可能性があります。

異常高温をもたらした、二つの高気圧の真ん中を台風が通過していきます。西側にはチベット高気圧、東側には太平洋高気圧があるのでそのまま太平洋から直進コースで日本に上陸します。

 

 ところが今回、チベット高気圧よりも太平洋高気圧のほうが強いため台風は東から西のほうへ進路を変えていきます。

 

 日本近海の海水温が29度となっており、成長に必要な27度以上の為、勢力が弱るどころか、成長を続けながら上陸する可能性が高いです。

 

 普通台風の進路は、南太平洋で発生し日本列島を大きく外れるか、上陸して偏西風に乗り東北や北海道方面の、西から東に向かって行くコースです。

 

 ところがこの台風12号の場合、二つの高気圧の間を通り、かつ太平洋高気圧が強いため東から西に向かうコースをとっています。このようなコースをとった台風は1951年の統計開始以来初めてとなりそうです。

 

 初めてのコースという事は、今までの経験が通用しない可能性もあります。普通台風が去った後は、乾いた北風が吹き台風晴れとなるのですが、今回の台風は、去った後も湿った空気を巻き込んで大雨になる可能性もあります。

 

 西日本に大きな被害をもたらした大雨ですが、よりによって東日本と近畿地方に上陸した台風がわざわざ西日本に向かうとは言葉もありません。

 

 それにしても、6月の大阪地震や、7月には異常なほどの豪雨での大洪水被害や土砂災害などの、大きな被害をもたらした西日本豪雨や、その後の、これも近年にない異常な「命にかかわる気温」など自然災害が続いています。そして今回、経験した事のない様なコースをたどる台風12号。

 

 命の危険性が非常に高い「特別警報」が発令される前に(避難するのが危険な場合もある!)避難勧告や、避難指示が出たら、自分だけは大丈夫などの「正常性バイアス」に陥らずに速やかに避難する必要があります。

 

 

経済・投資 とにかくすごい、FB下落に見るアメリカのスケール   

 

 トヨタの時価総額・・・・24兆3289億930万352万円

 NTTドコモの時価総額・・10兆7272億5050万2990円

 ソフトバンクの時価総額・10兆3296億9752万5525万円

 

 さすがアメリカ経済です。

 

 FB(フェイスブック)が26日のニューヨーク市場で、前日比19%近く下落しました。

時価総額を日本円に換算すると約13兆円にもなります。これがたった一日で起きました。

 

 ここの所の急上昇での株価の状態で、決算が市場の予想に届かない上に情報流出や、経営陣が成長に対する鈍化などなどで、投資家たちが悲観し売りが売りを呼びました。ここまでの超ド級超大企業の超時価総額が20%以上も下落するのですから、ついでにツイッターも大幅下落に付き合っています。

 

 それにしてもすごいです、トヨタの時価総額の半分以上、ソフトバンクに関しては、ほぼ全ての時価総額がたった一日で(チャートを見るとあっという間)でなくなった事になります。

 

 ただこれが引き金となって、リーマンショックみたいな恐慌にならなかったのは幸いです。アメリカと中国の貿易問題に明るい兆しが見えたとかで相場全体に安心感が広がったようで、もし、貿易問題などが悪化していたら、危うい均衡を保っている世界経済がどうなっていたか分かりません。

 

 それとも経済が絶好調のアメリカにとっては、こんな事は何でもないのかもしれません。とにかく、アメリカはスケールが違います!

 

 

医療・健康 いろいろ「寿命」の事や「生と死」について書いてみました

 

 人の寿命は、理論的にはどのくらいあるのでしょうか?

現在の医学では、肉体的限界が120歳前後とされていますが、脳はそれにあてはまりません。老化というのは細胞分裂を起こし、その起こす回数に限界があるから老化が起きるのですが、そもそも生まれた時から分裂をしない脳細胞は老化の仕様がありません。

 

 そうすると将来肉体が滅んでも、脳だけ生かす技術ができるようになれば理論上は1000年近く生きることも可能です。(聖書の中でリンゴを食べたアダムとイブが、不死の完全な肉体から寿命のある体になったときでも、900年以上生きていたからです)

 

 と、それは置いといて、脳の寿命が肉体の寿命に釣り合わないのは確かです。

 

 そもそも生きているってどういう事なのでしょうか?

単純に生まれてから、死んでしまうまでの生物的な時間の事でしょうか?それともその人の事を、誰かがいつも思い出してくれている間はそのひとは生きていると言う人も大勢います。

 

 元気に生きているうちに「死」の事を考えるのは、なんとなく時間の無駄遣いのような気がしないでもありません。

猫とか、犬とか、馬とか、牛とか、トラとか、象とか、カバとか、自分が死んでしまう直前まで死の事は眼中にないそうです。(人間だけが「死」の事をいろいろ考えたり想像したりするみたい)

 

 肉体が滅んでも、その人一人一人の生れてからの情報、(ここでいう情報とは、感情とか、考え方とか、俗にいうその人の自我の事です)が、何かの媒体に記憶されていれば生きているって事になるのか、そうなると、将来アンドロイドなんかに、その人の情報がインプットされたとして、そのアンドロイドから、活動を停止した自分の肉体を見たとして、その人体は死んだ事になるのか不思議です。(アンドロイドにインプットされた自我が、自分が死んでいないと思うだけで、ほんとは、活動を停止した肉体が本当に死んでいるのかもしれません、その辺は調べようがありません)

 

 自分を例にとってみても、例えば今30歳だとして、生まれたばかりの赤ちゃんの自分はもうこの世に存在しませんし、小学生だった自分もこの世には存在しません。今存在しているのは30歳になった自分だけです。

 

 いまは存在しない赤ちゃんだった自分や、小学生だった自分が死んだ訳ではありません。ただ単に時間軸が違うだけです。その時間軸の中では、亡くなった人も永遠に生きている事になります。

 

 アメリカのドラマに私の大好きな「パーソンオブインタレスト」という番組が放送されていました。

 

 内容は、犯罪防止ユニットで膨大な監視カメラや、個人データから将来起こりうる犯罪を防止する人工知能と人間の話ですが、その最終シーズンで、登場人物の「ルート(サマンサ・グローブス)が亡くなる話の中、「サミーン・ショウ」との会話の中で、生きている状態は、実際には肉体も何もないシミュレーション、ただ単にデータの産物に過ぎないと、「死」とはデータの移動みたいなことを話していたように思います。

 

 コンピュータゲームの中の1と0の世界、文章の固まりの小説の世界、自分という自我は毎晩誰かが見る夢の世界の登場人物の一人にすぎない、「死」も「生」もただ単にデータの形に過ぎないという考え・・なんとなく引き込まれます。

 

 シベリアの永久凍土から4万年ぶりに虫が発見されました。

なんとその虫は生きていたのです、氷を解かすと動き始め、えさをやると元気に食べてました。もうこうなると寿命という概念もありません、将来人類が冷凍保存状態で宇宙船に乗りほかの天体に行くような事になれば、この4万歳の虫同様、寿命なんて意味がなくなるかもしれません。

 

 なんて、思いつくままいろいろ書いてみましたが、結論は、せっかくいただいた命、大切に使いましょう!です。

 

 

なんでもかんでも wacom・Intuosペンタブレット買いました

 

 ヤマダ電機で、考えに考えてとうとう買ってしまいました。

 

 

 思ったより箱の大きさが小さいので、Mサイズかどうか心配でした。

 

   

 

 中身はMサイズですが、前のタブレット(S)と比べて大きさ的に大した差はありません。

薄くて、軽くて、性能が段違いです。

 

 と、いう事でさっそくイラストを描いてみました。

このwacom・Intuosペンタブレットは、3つのイラスト・マンガ、スケッチ、写真加工のソフトがダウンロードできます。その中でもイラスト・マンガのクリップスタジオというソフトはかなり有名なソフトみたいです。

 

 出来ればこのクリップスタジオを使用してイラストを描いてみたかったのですが、どうしてもソフトがうまく動きません、ソフトをアンインストロールしたり、またダウンロードしたり何とか動くようにしたかったのですけど、とりあえず諦めました。

 

 それで、この間ダウンロードした無料お絵かきソフト(Medibang Paint Pro(64bit)で描いてみたのが下のイラストです。

 

 

 まだレイヤーの上下とか、選択画面の方法とか、知らないことばかりですが、こればかりは描きながら覚える他ないと思います。