CNNニュースが公開したUFO動画、あなたはどう判断しますか?

トピックス(目次)

 

●CNNニュースが公開したUFO動画、あなたはどう判断しますか?

●持ち株が上昇するとメンタルが改善されます

●うっとうしい花粉症、後10年ぐらいで何とかして下さい
●たばこの本数を減らす方法を考えました

 

 

ニュース解説 CNNニュースが公開したUFO動画、あなたはどう判断しますか?

  

 信じる信じないは、人それぞれだと思いますが、去年あたりから、アメリカ空軍は、UFOの写真や動画を公開するようになってきました。もともと、アメリカ空軍は宇宙人の研究を行っているとされていた、半分都市伝説みたいな施設エリア51の存在を認め始め、さらに最近積極的にUFOの動画を公開しています。

 

 考えられる事は2つあります。1つ目は、隠し通せなくなってきたのではないか、つまり予想以上にそのような飛行体や未確認体が頻繁に飛来しており、いずれどこかの大都市に現れるのではないか、その時にパニックにならないように今の内からある程度、人々の深層心理に織り込んでおこうという事かも知れません。

 

 人類の宇宙探知能力が、急速に向上している現在、昔だったら知られなかったUFOが、飛躍的に発見されているのではないかと思います。そして、何かしらのメッセージを受け取りそれの解読に成功したのでは、そして、アメリカ政府はある程度の公開に踏み切ったのではないかと考えられます。

 

 もう1つは、そんなものは存在していなくて、写っているのは何かの自然現象の一部で別に公開しても問題ないと判断したのではないか、また何か特殊な秘密兵器から目をそらすために、自称UFOの写真や動画を公開しているのではないでしょうか。

 

 なんて考えられますが、1つはっきりしている事は、動画や写真撮影をしたり、攻撃したりしても相手から反撃を食らった事がありません(知っているかぎりでは)F-17なんて、重力を無視したような飛行物体に比べれば、竹やりとミサイル以上の文明の格差があります。という事は、もしかして相手には攻撃の意思が無いのかもしれません。

 

 宇宙人が存在するか、しないかの判断は、今回のCNNニュース映像を見て各自が判断するのも楽しいかも知れません。

 

 

経済・投資 持ち株が上昇するとメンタルが改善されます 

 

 NYダウが、下落し、さらに国内政治問題で、朝方は、マイナスで日経平均が始まりましたが、寄り底で、そこから、上昇し始め殆んど、押し目らしきものもなく高値引けで今日のマーケットは終了しました。

 

 為替の方も、円安に向かい、理想的なチャートを作っていたと思います。日経平均株価のチャートが21,000円〜22,300円位のボックスを形成しているのですが、もしこれを抜ける事ができれば、また期待が持てる事と思います。

 

            今日のブライトバス・バイオ 

 

 今日は、他の持ち株も含めて大幅上昇しました。どちらの株も医療系の株で、どちらの株もニュース待ちで保有しています。

出来れば2単位ぐらいもっていたかったのですが、資金的に無理でした、仕方ありません。

 

 メインはブライトバス・バイオの方に賭けます。もう片方のソレイジア・ファーマの方は100株しかないので出来る限り引っ張っていきたいと思います。 

 

 上ろうが下がろうが、今のところ処分する予定は無いのですが、下がり続けていると気分的に落ち込んでしまいます、たまには今日みたいに大きく上昇すると、期待が膨らむとともに精神のメンタルも大きく改善されます。 

 

 1日(木)始値・825円 終値・810円  

 2日(金)始値・771円 終値・798円 前日比-12円

 5日(月)始値・792円 終値・722円   前日比-76円

 6日(火)始値・761円 終値・744円 前日比+22円

 7日(水)始値・737円 終値・731円 前日比-13円

 8日(木)始値・731円 終値・757円 前日比+26円

 9日(金)始値・772円 終値・764円 前日比+07円

12日(月)始値・767円 終値・747円 前日比-17円 

13日(火)始値・753円 終値・800円 前日比+53円    

 

 

医療・健康 うっとうしい花粉症、後10年ぐらいで何とかして下さい 

      

 今年は、体質の変化を実感しています。覚えている限り罹った事のないインフルに罹患したり、ほぼ完全に治ったと思っていた花粉症をぶり返したり、その花粉症ですが、まだ花粉症の言葉が出る前に発症して、その時が一番ひどくて、それから年々症状が軽くなっていったのですが、今年又ひどくなってしまいました。

 

 それはさておいて、国の方も花粉症対策に乗り出してきたようです。

「花粉症対策杉」の苗木の生産量が去年16年度25%になりました。本数にして533万本、ものすごい数です、が、杉の人工林面積のたった0.1%にしかなりません。まだまだです。

 

 「花粉症対策杉」とは、花粉を全く出さないか、出してもほんの少ししか出さない、そして品質的にも、成長性にも今までと同じ杉の木です。

 

 植林の苗木生産は、今までも行われてきましたが最初の内は少ししかできませんでした。ただ、少しづつでも毎年の繰り返して2007年以降になると倍々的に増えてきています。量産体制がやっと整ったのと、森林所有者たちへの対策杉の植え替えなどの支援を推し進めるなど国や地域の取り組みも活発になってきています。

 

 まだまだ先は長いですが、出来れば後10年ぐらいで薬に頼らずに、くしゃみや鼻水と無縁の世の中になってほしいものです。

 

 

なんでもかんでも たばこの本数を減らす方法を考えました

 

 心に決めた事があります、今吸っているタバコの銘柄が無くなれば禁煙します、また、少しでも値上げすれば禁煙します。

その為に、今から禁煙の練習をしています。

 

 まったく吸わないのは、意志が弱いので無理ですが、本数を減らす事はできます。

1日1箱から、1日半で1箱にする事です。最初の内は辛かったのですが、何とか実行する事ができました。今度は2日で1箱に挑戦しましが、これはうまくいきませんでした。

 

 そこで方法を変えました、たばこのニコチンを摂取するとき、最初の2〜3服でほぼ満足していることに気づきました。という事は残りのタバコはただ無駄に吸っている事になります。と、言う事は、そこでタバコの火を消してしまえばいいのです。

 

 半分吸って、タバコをハサミで切る、残りはまた吸いたくなったら吸う、これで、タバコの本数が20本から40本になる計算になります。実行してみたら、余裕で2日以上持つようになりました。今度は3日間で1箱に挑戦します。

 

 この方法を繰り返していけば、いずれタバコとは縁が切れるはずです。

ただ、このタバコを2本に切るという方法は、余り健康には良くないという事です。今まで1本の時は、長い状態で吸い、そしてある程度残っていても捨ててしまうので、ニコチンや一酸化炭素の問題は今回の方法に比べればそれほど深刻ではありませんでしたが、切断したタバコを吸うとほぼ根元まで吸ってしまうので体への影響は今までより悪くなります。

 

 この問題を解決するには、頑張ってなるべく早くに禁煙を成功させる事です。